いずれやってくるその時のために家族葬を知ろう!

家族葬と一般葬の違いとは?実は生前に話す機会を持つことが大切なお葬式

家族葬と一般葬の違いとは?実は生前に話す機会を持つことが大切なお葬式 みなさんはお葬式について真剣に考えたことはありますか。多くの方たちが重大なイベントである認識はあるものの、日常生活と密接に関係しているわけではないので、普段じっくりと向き合う機会は少ないのではないでしょうか。しかし、誰もがいずれ向き合わなくてはならない時期が訪れます。その際に慌てることのないよう、必要な知識や頭に入れておくべきマナー等を今知っておくことをおすすめします。

お葬式は法律のように絶対こうでならなければならないルールがあるわけではありません。地域や家単位で決まり事や伝統などが存在し、それにより細かな違いが発生します。その中で自分たちがどのようなお葬式にしたいかなど明確なビジョンを持つことが必要となってきます。そのためにも今回は一般的なお葬式の種類やマナーについて学んでいきましょう。

大切な人が亡くなってしまってから、実際にお葬式が行われる時間は本当に短時間です。残された遺族は気が動転している中、この短時間に、いくつもの重大な決断をしなくてはなりません。その決断の中で最大となるものがお葬式の形式の決定です。これはその後の遺族の動きや故人と関係のあった全ての人たちの動きを決定づける基準になるもので、大きな方向性を持つものとなります。その際、よりスムーズに選択するためにも、お葬式の種類を知ることから始まり、喪主の決め方や参列者の範囲の決定など、様々な情報を事前に得ておくことが大切です。お葬式について話すことは避けたい話題の1つかもしれませんが、誰しもに必ず訪れるそのときに備えて、元気なうちに家族間で話し合う機会を持つことはとても大事なことです。生前に故人の遺志を明確にしておくこと、家族間の意志の統一を図っておくことは、本人だけではなく、残された遺族のためでもあります。

そのためには、インターネット等で情報を得るだけでなく、さらに踏み込んだ準備を考えておくとよいでしょう。例えば数件の葬儀社の費用やプラン内容について比較したり、できるなら下見を行い、自分たちの目で確認しておくのがベストでしょう。私たちの人生の最後を飾るイベントでもあるお葬式は、近年様々な変化を遂げています。大きく言うと、昔ながらの形式や伝統にとらわれることなく、より合理的な考え方のもと執り行われるものへと変化したでしょう。その代表的なものが近年特に増加傾向のある家族葬です。それでは、家族葬に焦点を当てて考えていきたいと思います。

最新記事